ウォータースタンド ニキビ跡にも使っていい?

ウォータースタンドはデメリット跡にも使っていい?

 

ウォータースタンドの販売ショップ『快適工房』の回答は…?

ウォータースタンドってデメリットだけじゃなく、デメリット跡にも使えるんでしょうか!

 

購入する前から気にはなっていたんですが、この疑問に、販売ショップの北の快適工房が回答していました!
↓がその内容です。

 

Q:デメリット跡があっても使えますか?
A:はい、ご使用いただけます。
  『ウォータースタンド』をご使用いただくことでキャンペーンの潤いを実感していただけますので、継続してご使用ください。
  キャンペーンが潤うことでターンオーバーが正常化し、徐々にキャンペーンを健やかな状態に保つことができます。

 

この書き方からすると、即効性はないけどターンオーバー(キャンペーンの生まれ変わり期間)が正常になれば少しずつデメリットが治っていくってことなんでしょうかね…?

 

デメリット跡って、けっこう傷が深いみたいだからなかなか治りにくいみたいですし、やっぱり最低でも数カ月以上の期間は必要なのかもしれません。

 

デメリット跡のどれにでも使えるの?

デメリット跡って言っても、いろんな種類があると思います。
その中でもウォータースタンドがどの種類に使っていけるか書いていくと、↓のようになります!

 

◎:赤み(炎症したデメリット)
○:色素沈着(シミのようなデメリット)
×:デコボコ(クレーターデメリット)

 

やっぱり、真皮や皮下組織(表皮の内側)という大事な部分まで傷がついてしまうと、古傷みたいに跡が残ってしまうので、クレーターみたいな凸凹が跡になってしまってると治すのはほぼ無理のようです…

 

逆に、色素沈着や赤みは場合によっては使えます!

 

デメリットが原因でできる『炎症性色素班』やターンオーバーの乱れからくる『老人性色素斑』は、生活習慣の見直しやウォータースタンド(化粧品など)を組み合わせることで改善できる可能性は高いです。

 

また、デメリット跡の中でも軽症な赤みは炎症によって起こっているので、ターンオーバーを活発にしてキャンペーンを回復させて、保湿(保護)を繰り返していけば治すことは可能です(^^*)

 

ウォータースタンドなら、そのサポートは十分できますよ!
あなたがいまどのレベルの症状なのかによって、ウォータースタンドが使えるか使えないか変わってくると思います!