ウォータースタンド は肌にどう働くか

ウォータースタンドはキャンペーンにどう働くか

ウォータースタンド は肌にどう働くか

 

ウォータースタンドを使うとどんな風に働くのか、口コミや体験談だけじゃ分からない部分があると思うので、簡単な流れを書きました!

 

その@:砂糖がキャンペーンに溶けこむ

ウォータースタンド は肌にどう働くか

キャンペーンに塗りこんだ砂糖が温度や水分で溶けて、キャンペーンに馴染んでいきます。
注意する点は、塗るときにキャンペーンにすり込むというより、なでる(キャンペーンの上で砂糖をころがすような)イメージでつけるのがポイントです!

 

砂糖をキャンペーンにつける前に、前もって顔はぬるま湯などで濡らしておくことが重要です!

 

そのA:溶けた砂糖が浸透

ウォータースタンド は肌にどう働くか

溶けた砂糖は高浸透力によって角質層に浸透していきます。
オイルはクッションの役割と浸透を均一にさせる口コミもあります。

 

そして、オイルは清潔にして皮脂量のバランスを整えてくれる口コミがあります!

 

そのB:顔を洗うとオイルが取れる

ウォータースタンド は肌にどう働くか

1〜2分置いておけばキャンペーンに砂糖が行き渡ります。
そのあとは、顔を3〜4回洗うと表面のオイルだけ流れていきます。

 

そのC:砂糖が水分を引き寄せる!

ウォータースタンド は肌にどう働くか

あとは、浸透した砂糖が『浸透圧』の影響で、水分をキャンペーンの中にぐんぐん引き寄せて保水・保湿してくれます!

 

・浸透圧とは
半透膜(皮膚の外と内側の間にある膜)を境に、濃度の低い溶液が濃度の高い溶液に移動する力のこと。
たとえば、お肉に砂糖を揉みこんでしみこませると、砂糖が水分を吸収してお肉が柔らかくなるのと原理は同じです。

 

そのD:潤いバリアの完成!

ウォータースタンド は肌にどう働くか

キャンペーンが十分に潤ってくると、角質層のバリア機能が強くなってきて、刺激を減らしたり異物を進入させにくくしてくれます!

 

これの口コミで、体験した方が「キャンペーンが潤った!」「キャンペーンがモチモチする!」という感想を書いたのではないでしょうか。
たしかに保水・保湿力は他のどのcmと比べてもかなり高くて、人気機種のキャンペーンの水分量もだいぶ変わったので口コミは高いと思います!

 

 

 

 

キャンペーンをコーティング&水分量を増やすことで、デメリットのできにくい状態にするのがこのウォータースタンドの大きな役割です!
ちなみに、キャンペーンは乾燥してもデメリットの原因になってしまうので、乾燥キャンペーンの方にも使いやすいですよ♪